知り合いが見知らぬ人と一緒にいた時の会話方法 | 会話上手になるための実践ブログ

スポンサーリンク

知り合いが見知らぬ人と一緒にいた時の会話方法

街を歩いていたり買い物をしている時によく遭遇する出来事があります。

それは、知り合いとばったり会うことです。

これはよくありますよね?

ただこれは別に何の問題もないです。

 

問題は、知り合いが他の見知らぬ人と一緒にいる時です。

一人でいるならいいのですが、自分が知らない人が知り合いの隣に

いると気づいてなければ話しかけようか迷ってしまう場面ですね。

こんな時どうします?

難しく考える必要はないですね。

とくに

第一印象について当ブログを読んでいる方なら楽勝ですね。

 

 

・こんな感じで終わらせよう

まず、見知らぬ人と一緒にいる知り合いに会いました。

最初は、知り合いに「あ、どうも!」「こんにちは」など

挨拶します。

 

そしてすぐ見知らぬ人の目を見て挨拶をしてください。

「こんにちは~」と。

見知らぬ相手も

誰?この人」と最初は警戒しますので印象を良くするためには

自分から先に挨拶しましょう。

 

そして知り合いとは長く話さず早めに切り上げて終わりました。

最後に見知らぬ人に「それでは」「失礼します」など言って

その場を離れます。

 

話を短くする事で見知らぬ方へちゃんと配慮してあげることですね。

ずっと長く話しているととても空気が悪いです。

経験された方も多いはずです。

会話は常に相手のことを考えることを第一に考えて

自分自分に意識をしないように気をつけましょう。

 

よく挨拶もしないで知り合い同士で話をする人がいますがあれはNGです。

今後とても印象が悪くなります。

ちゃんと視線を送って会釈してくださいね。たった一言でも全然印象は変わりますので。

 

人は会った瞬間2~3秒で見た目を判断します。

自分から先に挨拶する!ここが重要です。

先を取る!意識でやりましょう。

もうこれであなたの印象はとても良いです。

 

これでこの場面に遭遇したらぜひ活用しましょう。

自分で場面場面の時に困らないように話す内容をノートなどに

ストックしておくと良いですね。

 

サルでもわかるFXはこちら

会話上手になるための実践ブログ TOP » こんな時どうする?シリーズ » 知り合いが見知らぬ人と一緒にいた時の会話方法