あがり症で自己紹介する時に緊張しない方法・対処法 | 会話上手になるための実践ブログ

スポンサーリンク

あがり症で自己紹介する時に緊張しない方法・対処法

あがり症で困るのが自己紹介する場面ですよね。

何を喋ろうか?頭が真っ白になりますよね。しかも人前ですから・・・。

 

でもほとんどの人はあがり症なので同じく自己紹介と

言われると相手も自分と同じ感情になりますので自分だけが

特別じゃないことは理解して、ただ、心配しなくても大丈夫です。

たとえあがり症でもスムーズに自己紹介できる方法があるので。

 

 

・準備をしてない人が大半・・・

実は自己紹介であがる人はほとんどのまったく何を言うか準備していません

だからいきなり自己紹介と言われる戸惑うのです。

自己紹介をする日とかあらかじめ知っていればその日の向けて

練習は出来るのですが、突然行った場所で自己紹介をしましょうと言われと

頭が真っ白になりますよね。

 

つまり、

いつでも自己紹介できるように簡単な自己紹介でもいいので常に準備しておくことがとても大事なんです。

これけっこう重要です!

私もそうしています^^

おかげで自己紹介したくてたまりません(笑)

 

そもそも何を言うか考えてないから余計あがってしまうのです。

それなら常に準備している自己紹介文があればどうです?

無いよりはマシですよね!だから準備って大事なのです。

 

練習しないですごい自己紹介なんて言えないです。

スポーツでもそうですよね、例えば金メダル獲るために

本番で最高の自分を見せるために毎日毎日練習しているわけで

そのおかげで最高の舞台に立てるわけです。

練習しないでいきなり大舞台で大活躍するなんて100%無理です。

だから準備と練習は大事なんです。

面倒くさらず変なプライドも持たず練習しましょう。

 

 

・自己紹介のやり方、練習方法

準備することが大事とお伝えしましたね。

それでは自己紹介のやり方についてまずは型を覚えましょう^^

まず、最初は「挨拶」から

はじめまして、こんにちは

はじめまして、どうも

こんにちは、はじめまして

夜だったら

はじめまして、こんばんわ

などこの一言からスタートします。

 

なんでもそうですがこちらにも書きましたが

第一印象を良くする良好な人間関係を築く基本

 

良い人間関係を作る基本はまずは挨拶からなので、

いきなり名前を言うよりは挨拶を先にした方が印象はいいです。

中にはいきなり「仕事何してるんですか?」と聞いてくる人もいますがこれはちょっと失礼です。

まずは「挨拶」から入ることです。

これは忘れないようにしましょう!

 

そして次に自分の名前を言います。

○○と言います

ここでちょっとポイントなんですが、自分の名前について珍しかったり

特徴なんかあったらその事について混ぜ込んでみると覚えてもらいやすいです。

例として「福山と言います、苗字が福山なので病院で名前を呼ばれるとあの福山雅治と

同じ苗字なのでみんな振り向きます(笑)」みたいな感じですね(笑)

名前のエピソードなんかあるといいです。

 

次は、「職業」「年齢」「出身地」「趣味」「特技」「興味あるもの」「参加動機」

などなど全てじゃなくてもいいので自分が言えるものを選んで自己紹介を作ってみてください。

自分の特徴とか相手が興味を湧かせるような事を言うことで覚えてもらいやすいので。

 

そして最後は、

以上ですが宜しくお願いします

宜しくお願いします

今後とも宜しくお願いします

などで締めくくります。

 

これをまとめて例にすると

「こんにちは、はじめまして。○○と言います。ちなみに私の名前は○○と書いて

ちょっと珍しいのですが(笑)覚えていただいたら嬉しいです。

今は○○歳で、○○に住んでいます。仕事は○○をしていまして、

この仕事は長いので業界の裏情報なども知っているので興味のある方には

こっそり教えます(笑)以上こんな感じですが宜しくお願いします!」

とあくまでも例ですが、ところどころ相手に興味を持たせたりすると覚えてもらいやすいですね。

あんまり長いと文を覚えられないと思うので最初は簡潔な自己紹介文で十分です。

自分で時間がかかってもいいのでまずは作ってみましょう。

 

あと作ったらこれをどうするかと言うと、

ひたすら声に出して本番を想定して練習するのみ!です。

自己紹介文の練習を何度も何度も繰り返してあとは場数を踏んで成功体験を作ることです。

慣れてくると段々ともっと濃い自己紹介が出来るようになります。

 

やってみるとわかるのですが、自己紹介に対して徐々に抵抗が無くなっていきます。

そうですよね、言うことが決まってるからですね。

いきなり振られてもこっちは自己紹介文を持っているわけだからスムーズに言えます。

ほとんどの人はこの言う事の決めてなくて準備してないから戸惑うのです。

 

あとは最終的には自分流に変えていければとても個性のある自己紹介出来上がりますね!

あがり症で自己紹介に自信がない方は絶対にやってください!

 

サルでもわかるFXはこちら

会話上手になるための実践ブログ TOP » あがり症を解決する! » あがり症で自己紹介する時に緊張しない方法・対処法