結婚式でのあがり症を解決へ | 会話上手になるための実践ブログ

スポンサーリンク

結婚式でのあがり症を解決へ

めでたい結婚式での挨拶やスピーチは、かなり緊張してあがり症の人には憂鬱なイベントです。

結婚するご本人やスピーチをする方にとっては
みんなの前で話すことは大変重要な課題です。

 

とくにあがり症の方にとっては、もう考えただけで
震えてしまうくらい緊張します。

これから結婚式を控えている方やスピーチする方には今のうちに
解決しておきましょう。

 

 

・緊張は誰でもする事をしっかりと理解する

よく勘違いしている人がいるのですが、
「緊張をなくす方法はありませんか?」と。

はっきり言ってないです。

抑える方法はあるけど緊張は消す事はできないのです。

 

例えば結婚式という大きなイベントで緊張しない人なんていますか?

おそらくいないです。

緊張しない方がおかしいです。
緊張しない人は結婚式に対して相当感心がなくてどうでもいいと思っている人でしょう。

 

緊張する事、自体正常ですし誰でも緊張はします。
自分だけが特別に緊張しているわけじゃないのです。
相手もみんなも緊張して楽しんでいるのです。

緊張に対して悪い事しか考えていないと思うので

緊張=楽しいと意識を変えてください。

けしてまったく緊張しない方法なんて探すだけ時間の無駄ですから。
「緊張はするのが当たり前だ!」としっかりと理解してください。

 

 

・声が震える・・・

結婚式での挨拶やスピーチでとくに多いのが声の震えです。
緊張して声が上ずってしまい、しかも声が小さくなって

相手に緊張しているなと伝わってしまいさらに緊張してしまう
という悪循環に陥ってしまいます。

 

まず、声が震えないようにするには「腹式呼吸」をマスターすることです。
腹式呼吸で話すと声もしっかりと出て安定します

ですので腹式呼吸で話すことができれば声の震えも抑えることができます。

 

両手をお腹に当てて、口からスーと10秒以上吐いて、そして体の力を抜くと
自然と空気が入ってくるので無理やり吸おうとしなくても大丈夫です。
あとは繰り返す事で腹式呼吸で話すことができます。

 

 

・しっかりと準備してひたすら練習

何度も何度も場数を踏めばある程度慣れてくると思いますが、
でもそんなに毎月毎月結婚式があるわけじゃないので
場数はそんなに踏めないと思います。

そのためには絶対に準備はしておかないといけません
準備なしにぶっつけ本番で挑もうとしてはいけません。

なのでまずはしっかりと言う事を準備して、あとはひたすら練習するのみです。

 

 

・相手の気持ちで考える

この部分が一番大事ですね。

挨拶やスピーチする相手はあなたの知り合いの人や家族、親族がほとんどだと思います。
つまり、敵じゃないわけです。

 

あなたが話した事に対して、批判してやろうとか文句言ってやろうとか
は相手は考えてないです。

あなたが結婚式に来てくれた人に対してそういう気持ちを持っていないはずです。
ということはあなたの味方であり協力者なわけです。

 

そう考えると、今までは自分にばかり意識を向けていたわけで
相手はあなたの話に対して別に批判してやろうなんて思ってないことがわかります。

話が下手でも笑ってやろうなんて思ってないはずです。

つまり、相手が話を聞いている立場になって考えること
どんな気持ちなのかがわかるのです。
そこをしっかり理解できれば、怖いものはなくなります。

 

 

・それでもダメなあなたには・・・

どうしても人前でのあがり症を、どうにか結婚式までに
しっかり改善したいと思うなら、

こちらがお勧めです↓

あがり症を克服し人前で強くなる!「話し方」パーフェクト

興味のある方はどうぞ。

 

サルでもわかるFXはこちら

会話上手になるための実践ブログ TOP » あがり症を解決する! » 結婚式でのあがり症を解決へ