プレゼンテーションに向けてあがり症を解決したい | 会話上手になるための実践ブログ

スポンサーリンク

プレゼンテーションに向けてあがり症を解決したい

プレゼンテーションが苦手な方は多いです。人前で話すので緊張してしかも
会社だから失敗は許されない場面でもあります。今後の仕事も左右すると

いってもいいくらい重要なプレゼンです。

 

しかも突然言われたり、例えば来週とか来月プレゼンやってくれと言われれば
もう頭が真っ白になります。

基本プレゼンは話す内容はあらかじめ決まっています。
それで人前で話すことになりますが、これは誰でも緊張しますし
ある程度場慣れする必要もあります。

 

ただ、まったく緊張しないまたはあがらない人はいないでしょう。
この部分は練習して時間をかけて解決していかないといけませんが、
ただ一番重要なのがプレゼンの内容です。

よく、
ただ読めばいいのでしょ?」と勘違いしている人も多いです。
こういう場で大きな失敗をしてしまうとますますプレゼンが怖くて
話す事が嫌になってしまいます。

 

ですので、今後のためにも自信が付くプレゼンの仕方をマスターする必要があります。
これがあがり症解決にもつながります

 

 

・プレゼン=ただ説明するだけでは意味がない

よく言われているのが、「どんな事を話そうか」ではなくて
「相手にどう伝えるか」が重要です。

ただ、原稿を読むだけでは相手には伝わりませんし、
聞き手は途中で単調しすぎて飽きてしまいます。

もっと相手に伝わる話し方をしないといけません。

 

 

・言葉に力を持たせる

プレゼンテーションで求められるものはなんでしょうか?

それは言葉に対する説得力と魅せ方です。
話す内容よりもこちらの方がとても大事です。

 

まず言葉に対する説得力を持たせるには、

声にメリハリをつけることです。

一本調子にならずに、大事な部分は大きな声で
話したりすることで聞いている方も飽きません。

 

それと、魅せ方は話している際にまったく動かないのはダメです。

手の動くを入れてしっかりとジェスチャーしてください。
こうすることでより相手に言葉が伝わりやすくなります。
ここぞ!という場面ではしっかりと手の動きを取り入れましょう。

 

こうすることで、あがり症の方でも自信を表すことができ相手に伝わりやすくなります。
やっぱりあがり症だと自信の無さが相手にも伝わってしまい、上手くいきません。

そのためにもしっかりと声にメリハリをつけて手の動きを入れるだけでも違いますから。

ほとんどの人は緊張して話すことに必死になってしまいます。
これだとまるで紙に書いているマニュアルをただ読んでいるに過ぎないので

しっかりと強調する所は強調してメリハリをつけてプレゼンしましょう!

 

人前で強くなってあがり症を解決したいならこちら

あがり症を改善し人前で強くなる!

プレゼン術はしっかり学ぶならこちらがお勧めです。

部下になめられないためのプレゼン術


 

サルでもわかるFXはこちら

会話上手になるための実践ブログ TOP » プレゼンテーション » プレゼンテーションに向けてあがり症を解決したい