話すのが苦手障害は勘違い? | 会話上手になるための実践ブログ

スポンサーリンク

話すのが苦手障害は勘違い?

時々、話すのが苦手で自分は障害なんだろうか?と思う時もあると思います。
もちろん障害のある方もいますが、それほど多くはないです。

会話が続かなかったり、話かけられても沈黙して言葉が出てこなかったりして
病気なのかな?と疑ってしまいます。

ただなんでも病気のせいにするのはまだ早いと思います。
薬で全て会話障害を克服できるとは考えられないからです。

 

やはりなんでこのような事になったのかを知る必要があると思います。
ある日突然なるなんてことはないと思います。
必ずきっかけがあります

まずその原因を見つけることですね。

あとそれと、人に対して恐怖心を抱いていることも多いですからトラウマになって。
しっかりと、自分の考え方は間違っていると変えないといけません。

本当の正しい考え方を取り入れる訓練をしないといけません

 

もし、今話すのが苦手で障害なのでは?と少し疑っているのでしたら
もう一度本当かどうが確認してくださいね。

多くの場合は、違うのでほとんどは考え方やり方が間違っていることが多いのです。
なので、障害だと思っている方は一度しっかりと会話の仕方を学んでみることをお勧めします。

親化論~ものの1カ月で誰とでも親しくなれる思考の法則~コミュニケーションスキルを向上させ、口下手・あがり症・人見知りなど人間関係の悩みを解決!

 

サルでもわかるFXはこちら

会話上手になるための実践ブログ TOP » 話すのが苦手 » 話すのが苦手障害は勘違い?