挙動不審であがり症を解決 | 会話上手になるための実践ブログ

スポンサーリンク

挙動不審であがり症を解決

人前に立つとあがってしまい、挙動不審になってしまう人はほとんどですよね。

しかも、あがって挙動不審になると体の動きがぎこちなくなって、
周りの目が凄く気になってしまいます。

 

なぜこんな事になってしまうのか、これは緊張して極度に
体が硬直気味になってしまうのが原因です。

誰もが一度は経験したことはありますよね?本番前とか深呼吸したり体をほぐしたりしてします。

この体をストレッチするのもとても有効ですので緊張する場面前には
やっておくとよいです。

 

さて、あがり症になる原因の1つに自分も良く見せたいと強く思ってしまうことです。
つまり、失敗したくない!と思うがあまり動きも行動も挙動不審になってしまいます

もう心が鎧のように堅くなってしまっているので、
「失敗しても周りからどう思われても気にしない」という方は
ほぼあがり症の人はいないと思います。

 

つまり、あがり症で挙動不審の方はとても真面目な方が多いのです。
真面目な事はとても大事ですが、ただ場合によっては邪魔になる時もあります
それが、「失敗したくない!良く見せたい!」に繋がってしまうのです。

 

・挙動不審を解決する一歩

挙動不審になるとさらにあがって緊張してしまいますよね。
ひとつ解決方法として、私はわざと変な行動取るのもいいと思います。

自分からわざと挙動不審な行動を取ってみることで逆に緊張しなくなることもあるからです。

 

どういう事かというと、あがってしまうとなかなか自分をコントロールできなくなります
それで挙動不審になってしまいます。

だから、あえてわざと変な動くみたいな行動をすることであがりも和らぐこともあるからです。
私自身それを経験しています。

考えてみるとわかりますが、失敗したくない!相手に良く見られたい!気持ちが強くさらに
緊張してあがっている状態なわけだから、もうわけのわからない状態なわけです。

 

そこで、ヒーハー!とか(笑)言ってみたり、自分でも変な行動をしてみることで
意外と自分らしさを取り戻せるので私はやることはあります。

とにかく意識を変えないとずっと同じままですから、自分なりの方法など
見つけることができればそれが一番です。

あがり症を本格的に克服したいのならこちらを読んでみてください

西村順式あがり症克服

 

サルでもわかるFXはこちら

会話上手になるための実践ブログ TOP » あがり症を解決する! » 挙動不審であがり症を解決