プライド・自意識過剰・勝手な想像が会話を邪魔している | 会話上手になるための実践ブログ

スポンサーリンク

プライド・自意識過剰・勝手な想像が会話を邪魔している

なんで自分は上手く会話できないんだ・・・」と嘆いている方も多いと思います。
ただ上手いと言っても、どういう会話が上手いのか?基準は難しいと思います。

一番大事なのは、人と会話していて自分が気分良くいつもより会話が出来たなとか
相手も楽しそうだったという体験があれば、それはそれで成功したことになると思います。

こんな事って1回か2回はあると思います。いや、もっと多いかなと思いますが、
その時はなんで上手く会話できたのか?しっかりと自己分析することが大事です。

ほとんどの人は、自分の心が影響したと思います。

 

もちろん事前に話す内容や言うことを準備していればある程度は上手く会話できますが、
一番重要なのは自分の気持ちですね。

プライド・恥ずかしさ・自意識過剰・自分が勝手に決めた想像がほぼ会話を
邪魔している要因になります。

この4つは捨てたり、変えたりしないと会話も弾まないですね。

プライドや恥ずかしさは、変に自分を作ってしまい、
自分を出せずに苦しみます。
こういう時は「自分は自分だ!周りがどう思われても関係ない!」くらいの
気持ちを持つことが大事です。

 

以前、私の知り合いに月収1000万円以上稼いでいた方がいたのですが、
これだけ稼いでいれば、いろんなプライドや恥ずかしさが身につくと思います。

なのに外から見ても全然そんな感じを受けず、しかも早朝に駅前でナンパを始めてしまいました。
もちろん誰も相手してくれず無視され続けていました。
こんな駅前で月収1000万円以上稼いでいる方がナンパなんてする人はまずいないでしょう(笑)

私はそれを見ていて、とても勉強になりました。

もし「俺はこれだけ稼いでいるんだ!こんな所でナンパなんて出来ない!」というプライドを
持っていたらやることはないでしょう。

だけどそういう事にこだわってしまうと、行動できる範囲も狭くなり、恥ずかしさも増えてしまい
何もできなくなってしまう可能性もあるわけです。

 

つまり、プライド・恥ずかしさが強い人は何か背中に背負っている可能性があります。
その何かは自分が一番よく知っていると思います。

「こうじゃなければダメだ」とか「こうしたらこうなったら・・・」とかこんな気持ちがあると思います。
それが邪魔しているのなら一度捨ててしまうことも大事です。

あとは自分が勝手に想像するのも邪魔になります。
良いイメージならいいのですが、
「もしこうなったどうしよう・・・」とか起きもしていない事に対して
勝手に想像してしまい、不安や恐怖を感じてしまうことはとても損します。

人は待っている時が一番いろいろと考えたりしてしまうので
これを予期不安といいますが、このクセを直さないといけないですね。

これだと会話する時も、相手の表情ばかり気にしてしまい、
「もしかしたら話しかけないほうがいいのかな?」と

自分で勝手に悪い方向に考えてしまうので、何も考えないで思ったらすぐ行動する
ことが大事です。

待って待ってしまうと、行動できなくなるので勢いが大事です。
特に初対面の人と会う時は。

このようにプライド・自意識過剰・勝手な想像は
今すぐ捨てましょう!

そうするとすごく楽になります。

サルでもわかるFXはこちら

会話上手になるための実践ブログ TOP » コミュニケーション能力向上 » プライド・自意識過剰・勝手な想像が会話を邪魔している