極度の緊張をほぐす方法はあるのか? | 会話上手になるための実践ブログ

スポンサーリンク

極度の緊張をほぐす方法はあるのか?

極度の緊張という魔物に多くの人は恐怖を感じています。

この緊張という魔物に何度邪魔されてきたか?

数えきれないくらいです。

だけど今日からこの緊張から解放されます。

当ブログで全部解決法を書いています

 

まず緊張に対する考え方があまりにも間違って捉えている人が実に多いのです。

ここを理解しないと一生、緊張で苦しめられます。

 

どいう事かというと、まず緊張は人間であれば必ずするのです。緊張しない人なんていません

だから、人間の本能であり痛い悲しいと同じ感情なので切り離すことは出来ないのです。

それなのに緊張はいらない消し去りたいと無駄な事を考えても意味がないのです。

 

緊張=悪いものと思っているからですね。

これは大きな間違いです。

緊張全てが悪いわけじゃないです。

緊張があるからこそ助かることも多いのです。

 

ですから緊張は悪いものと捉えないことです。

これをしっかり理解できれば緊張を味方にすることができますよ。

まずはここからです。

 

 

・緊張していると言いたいことも言えない

 

自分はこんな事を言いたいに緊張していると小さくなってしまい

言いたかったことも言えずに終わってしまった・・・

そしてあとから後悔みたいなことは経験されたこともあるでしょう。

これはなぜか?わかりますか。

 

相手にこんな事を言ってもいいのかな?

嫌われるのではないか?

怖い

とかを考え過ぎているからですね。

 

これは緊張しているからとかもそうですがほとんど考え過ぎていることが多いです。

つまり、相手は何にも思ってないのにあなたが勝手にそう思い込んでいるだけなのです。

 

緊張しているからとかそういう事を言っても相手にはあんまり通用しません。

緊張しているのはあなただけじゃなくてみんなが緊張しているわけですから、

ただの言い訳だと思われます。

 

ですから自分が緊張していると言いたいことも言えないと強く勝手に思い込んでいる

わけなのでその場面になると体が勝手に反応するわけです。

だからそう思わないことです。

 

相手は別にあなたのことを嫌わそうとか何にも思ってないのです。

あなたが勝手作りだしたものが間違っていてその間違っているものを正しいと思ってしまっているのです。

 

だからまずは、自分に「緊張していても言いたいことも言える」と繰り返し

言い聞かせましょう。

 

 

・本番が始まるまでの間の緊張をほぐしたい

 

これは意識を変えることでほぐすことができます。

誰でも本番までは緊張しますし避けることは出来ません

 

ですので少しでもほぐす方法を紹介したいと思います。

まず、緊張という言葉・感覚を変えてください。

 

どういうことかと言うと緊張と聞くとどんなイメージが浮かびますか?

ほとんどの人はあんまり良いイメージはないと思います

 

ですので緊張というのを興奮に変えればいいのです。

つまり、緊張してきたどうしよう?ではなくて

これから起きることが楽しくして興奮してきたぜ!

みたいな(笑)感じで変えればいいのです。

これは私もしています。

 

なかなか効果がありますよ。

こうすることで本番が始まるまでの間が緊張という悪いイメージだったものを

興奮に変えるだけで楽しい良いイメージに変えることが出来るのです。

簡単ですよね。

 

これを繰り返せば徐々に緊張が楽しくなってきます。

ぜひやってみてください。

 

それと今回話した内容は全て、あなたの気持ちの問題なのです。

この気持ちを変えることが出来ればとても楽しい人生が待ってますよ!

頑張りましょう。

 

サルでもわかるFXはこちら

会話上手になるための実践ブログ TOP » 緊張をほぐす方法 » 極度の緊張をほぐす方法はあるのか?