極度のあがり症で手が震えてしまう・・・ | 会話上手になるための実践ブログ

スポンサーリンク

極度のあがり症で手が震えてしまう・・・

あがり症には、適度なあがりなら大丈夫ですが、
それが極度のあがり症になると体に様々な影響を出てしまいます。
声が震える、体が震える、手が震えるなどがあります。

とくに手が震える人は、受付や人前など人が見ている所で
ペンで文字を書こうとすると震えてしまい上手く書けなくなんてこともあります。

これは変に意識することが原因です。

 

誰もいない1人なら字を書くときに震えるなら別ですが、
ほとんどの人は1人なら震えないですよね?

手が震えるのは先ほども言いましたが余計に意識しているからです。
意識すればするほど手が震えてくる・・・

だから意識しなければいいのが一番なのですが、それが出来ないから
苦労しているわけですね。

 

これは慣れとかいう問題じゃなくて、自分の意識(考え方)を変えれば
解決できる問題です。

まず、あがって手が震えてしまうのは「自分を良く見せたい!」という
気持ちが強くて変に失敗したくないから震えてしまうのです。

自分を良く見せたいと思う必要もないですし、別に震えようが失敗しようが
誰にも怒られるわけじゃないのでこの考え方も頭の中に忘れないように
紙にでも書いて毎日見て読むことが大事です。

 

人間は忘れてしまうので常に意識するために声に出して読むことをしましょう。

それと、手が震える場面になると体が勝手に反応してしまっているので
目を閉じて頭の中で、その場面をイメージして先ほど言ったような言葉を
声に出して何度も練習するだけでもかなり楽になると思います。

そして、ある程度練習したら必ず実践してみて、以前より多少震えても
気持ち的に楽だったらもうそれは1つの成功体験として体、脳が記憶しますから、

次からは震えも抑えられることもあります。

 

やはり成功体験が大事で、今までその場面になると手が震えてしまうという失敗体験が
身についてしまっているので、
練習⇒実践を繰り返して成功体験を少しずつ積み上げていくしかないです。

なんでもそうだと思いますが、上手くいくと自信がつきますよね。
この自信がついたことを繰り返していけば震えはなくなるでしょう。

まずは、正しい方法を身につけて実践して成功体験を積み上げることが重要です。
そのためには、先ほども言ったことを含めて自分自身と向き合って原因を探りましょう。

 

あと、あがり症の人は自分に対して劣等感を感じてしまいますが、
これは特別に自分が変なわけじゃないです。自分を責める必要は一切ありません。
日々の努力で改善できますし、ただあなたは改善方法を知らないだけなのです。

この部分が大きなポイントだと思います。

つまりあがり症改善方法を知ればいいだけだと思いませんか?
スポーツでも自己流でやって全く上手くいかず正しい方法を身につけたら
凄く上手くいくような感じです。

なので、ただ知らないだけで自分の考え方が間違っていたということに
早く気づくことが重要なのです。
これが震え解決への近道だと思います。

 

サルでもわかるFXはこちら

会話上手になるための実践ブログ TOP » あがり症を解決する! » 極度のあがり症で手が震えてしまう・・・