女性と話すのが苦手を解決するなら | 会話上手になるための実践ブログ

スポンサーリンク

女性と話すのが苦手を解決するなら

女性と話すのが苦手なら、なんで苦手なのか?原因を探ってみましょう
女性の何に対して苦手なのか?

声?

顔?

目?

色々とあると思います。

 

それならを解決していかないと根本的な解決にはなりません。
極端な話、何度も何度も接して慣れることが一番だと思います。

人は苦手だとずっと避けてしまう習慣になってしまうので、
自分から積極的に行く事は必要ですが、でもいきなりこんな事をしても
失敗がさらに大きな失敗に繋がってしまいますます女性との会話が苦手になってしまいます。

 

なのでまずはなぜ苦手なのかをズラーッとノートに過去も含めて書いてみましょう
そうすると意外とこれが苦手で話すのがキツイとわかります。

そして、原因がわかったら今度はその事について考え方を修正していきます。

 

どういう事かと言うとここではひとつ例を上げますね。

まず、過去を振り返ったら女性と話すことが苦手になった原因が
学生の頃、女性の前で恥をかいて失敗して笑われてからまた失敗するのでは
ないかと怖くなって女性の視線が気になり話すのが苦手になった

これが原因だとします。

 

これをどう解決するかと言うと、
毎回毎回失敗ばかりするわけじゃないはずです。
つまりは恐れているわけですよね。

だから自分にこのように言い聞かせればいいのです。

あの時は、準備をしっかりしてなかったから失敗したわけで
今まで1回しかない特別な事だから今後女性といくら話しても
気にする必要はまったくない

と、過去の間違っている自分の考え方を上書きする感じで修正していけばいいのです。
多くの人は過去の正しくない考え方に捉われていてそれが正しいと勘違いしていますから。

 

だから、正しい新しい考え方を塗り替えないといけないのです。
あとは、何回も声に出してイメージして言ってこっちが正しいよと脳に教えてあげないといけません

やはり、
原因を知らずにただ女性と話すテクニックばかり身につけても過去の間違った意識のまま実行しても上手くいきません

 

テクニックと言うよりは意識の問題の方が大きいのでここをしっかりと覚えておいてください。
意識の問題を解決できればもう、女性だろうと男性だろうと普通に話せるようになります。苦手意識はなくなります

過去の自分の考え方は間違っていたんだ!と早く気付いてくださいね。
そして、修正して上書きしていってください

あとは、女性と接する機会を増やすことですね。とにかく逃げずにどんどん行動していきましょう。

 

サルでもわかるFXはこちら

会話上手になるための実践ブログ TOP » 女にモテる会話術 » 女性と話すのが苦手を解決するなら