人見知りを克服する方法はある? | 会話上手になるための実践ブログ

スポンサーリンク

人見知りを克服する方法はある?

人見知りは誰もが一度は経験しますよね。
したことがない人はいないでしょう。

ただこの人見知りのせいで人生を損している人も多いはずです。
人見知りがなければどんなに楽だろう、そう思います。

初対面の相手でもなかなか人見知りを会話が上手く出来ないなど
人と生きていく上ではなんとか人見知りを克服したいですよね。

克服した方がそのままにしておくより人生も人間関係も楽になりますからね。
早いうちに克服しましょう。

 

そこでここでは、人見知りを克服するための方法をいくつか紹介しますので
参考になれば嬉しいです。

まず、人見知りはどうして起こるのか?あまり人見知りをしない人にも出会いますが
羨ましいと思っちゃいますよね。

人見知りしてしまう人というのは、相手に対して「警戒しすぎている」のです。
つまり、相手に対して過度に警戒してファイティングポーズをかまえているような感じです。

それと「恐怖」を感じていることが多いです。
だからこそ人見知りをしてしまうのです。

 

逆に全く警戒していなくて恐怖もなければ人見知りはほぼないです。
例えば、いつもいる家族に対して人見知りなんてしないですよね?

それは、警戒してないですし恐怖も感じていないからです。

あまりにも警戒しすぎてしまうと、人見知りもひどくなってしまいます。
ただ、自分ではそんなに警戒していないし恐怖も感じていないと思う方もいます。

 

だけれども、体はそういう場面になると勝手反応してしまうのです。
自分では意識していなくても脳や体が自動で反応してしまい、
人見知りになってしまう事もあります。

これで人見知りというのは「警戒心」「恐怖感」から来ているという事が
分かったと思います。これを繰り返している以上、克服はなかなか難しいので
これから克服する方法を紹介していきます。

 

まずはこの「警戒心」「恐怖感」を取り除き、考え方を変えないといけません。
もちろんすぐに克服することは難しいと思いますが、

実際に私も人見知りでどう克服したのか?まだ100%克服したわけではないですが
とても気持ちが楽になった方法を教えますね。

まずは、「視点」を変えることです。これが全てだと思います。
ほとんどの人は自分だけの視点で見て会話をしたり生活をしています。

ただこの視点を相手視点(客観的視点)で見れるようになると
かなり人見知りは克服できるようになります。

相手に対して「警戒心」や「恐怖感」が和らぎます。

 

この方法について当ブログでも何度も何度も紹介しているので
ここでは詳しくは書きませんが、

この視点を変えることで、今まで自分が見ていた視点(警戒心、恐怖感)は
間違っていた事に気づきます。

 

ほとんどの人は、間違っている視点で見ているから人見知りをしてしまうのです。
例えば、相手はあなたに対して攻撃してやろうなんて思ってないですよね?

逆にあなたはも相手に対して、何かしてやろうと思ってないですよね。

この双方の視点が分かればもう克服に近づいてきます。

 

ただこの視点は毎日繰り返し練習しないとまた元に戻るので意識して練習は
しないといけないのですが。

今人見知りで困っている人は、間違った視点で相手を見ているので
人見知りをしてしまうのです。

仮に相手が自分に危害を加える怖い人なら誰でも警戒して恐怖を感じますが
ほとんどはそんな人はいないです。

起こりもしないような事を勝手に思い込んで怖がっているだけなんです。
ですので、相手から別にどう思われようが関係ないですし
気楽に接すればいいだけだと分かればとても楽になります。

 

人見知りというのは、自分が作り上げた幻なのです。
間違いを信じ続けているだけなのです。

こういう事が分かれば徐々に人見知りも克服されていきます。
時間は個人差はあるでしょうが、行動して続けることですね。

こういう事を時間が経てば忘れてしまうので常に意識しておかないといけません。
そうしないとまた元に戻ってしまいます。

正しい視点を持って人と接していきましょう!

 

サルでもわかるFXはこちら

会話上手になるための実践ブログ TOP » 人見知り » 人見知りを克服する方法はある?