笑い恐怖症で人を笑わせるのが怖くてスベるのも怖いなら | 会話上手になるための実践ブログ

スポンサーリンク

笑い恐怖症で人を笑わせるのが怖くてスベるのも怖いなら

人前で自分が話したことを笑ってくれる事はとても嬉しいことです。
ただ、逆にこれを恐怖に感じてしまう方もいます。

これはある意味プレッシャーを感じいるんだと思います。
「何か面白い事を言わないといけない」
「笑わせないといけない」

などこんな気持ちでいればしんどいのは当たり前です。
自分自身を勝手にハードルを上げて過ぎて
「こうでなければいけない」と締め付け過ぎている

このままだと面白い事を言う事自体が苦痛になり、
だんだんと会話も楽しくなくなります。

 

これを解決するには、自分自身にプレッシャーをかけない事。
別に相手は凄い面白い話を求めているわけじゃないです。

お笑い芸人みたいにプロで仕事で生活している人なら別ですが
一般人である素人ならそこまで凄い笑いを追求する必要はないです。

あくまでも会話の中でクスッと笑っちゃうような会話で十分です。
笑える話をすることで人間関係も良くなるので会話の中に取り入れることは大事です。

ただし、「絶対に笑わせないといけない!」とかそんな気持ちは不要です。
お笑い芸人じゃないですから。

 

一番大事だと思う事は自分自身が楽しむことだと思います。
自分が楽しんでいれば自然と1、2つは面白い言葉・会話などがポロリと出ることもあります。

緊張していると固まって、なかなか難しいですが楽しむことが大事です。

もし、そんな楽しんでいても面白い言葉・会話なんて出てこないよという方は
事前に言う言葉や会話を準備しておくといいと思います。

会話の中で面白い会話は重要なので恐怖症になると凄くもったいないですから、
自分の自身の視点で周りを見ず、必ず相手の視点で自分を見てください。

そうすれば、今まで怖いと思っていたことは、自分が勝手に頭の中で作り上げた
考え方なんだと理解できると思います。

誰かに直接言われたのならわかりますが、ほとんどの人は勝手に悪い方向に
思い込んでいるケースが多いです。

だから、笑い恐怖症みたいなことになるのです。
自分で勝手に決めない事!これ重要です。

正しい笑いの会話方法がわからないのであれば、重症になる前に
しっかり教材等で1から学んでみると良いと思います。

サルでもわかるFXはこちら

会話上手になるための実践ブログ TOP » ユーモアな会話 » 笑い恐怖症で人を笑わせるのが怖くてスベるのも怖いなら