気を遣いすぎて話せないのは何か守ってるのですか? | 会話上手になるための実践ブログ

スポンサーリンク

気を遣いすぎて話せないのは何か守ってるのですか?

気を遣いすぎる人っていますよね?このせいで会話が上手くいかなくて悩んでいる方もいます。

気を遣うことはもちろん人間関係においてとても大事です。
自分勝手に相手の事を考えなさすぎて行動する人は嫌われやすいです。
ですのでバランスが大事なのです。

気を遣いすぎる人は相手の事を考えすぎています。
「こんな事言ったらまずいかな?」とか「相手を傷つけたくない」など
考え過ぎなところがありますよね。

これだと、相手の表情ばかり目がいってしまいなかなか上手く話せません。
話の内容もあまり入ってきませんし・・・

 

私は気を遣いすぎる人は何かを守っていると思います。
この何かはいろいろとありますが、

例えば、

話をして失敗して傷つく自分が嫌だから

自分のプライド

本当に自分を見られたくない

などあると思います。

ただ、気を遣いすぎる事が相手にメリットを与えるとは限りません。
相手は話しづらいと感じたり面倒だなと思います。

 

気を遣ってくれることは嬉しいけども、それがずっと続くとお互い疲れます・・・。
相手との距離感もありますが、初対面ならある程度気を遣わないといけませんが、
何度か会っている人ならそこまで気を遣う必要はないかと思います。

といってもなかなかどうすればいいのかわからないと思います。
ここは気持ちの面が大きく影響しています。失敗するのが怖いとか何か自分を制御してしまっています。
まず意識的に気を遣う回数を減らしてみること。

気を遣いすぎて話せなくなっているわけですので、
「上手く話せなくても失敗してもそんなのどうでもいい」と開き直ることです。

と、たとえ分かっていてもできないと思うので普段からイメージと言葉で脳に植えつけましょう。
上手くいかなくて制御しているのは過去の苦い経験から来るものです。

 

その場面になると体と脳が勝手に反応してしまい、上手く話せない状況になってしまいます。
ですので、まず自分はなぜ相手に気を遣いすぎるのか?を掘り起こしてみてください。

こうしないとテクニックばかり走ってしまうと全く効果がないですので注意してください。

掘り起こすことによって、「私は○○で気を遣いすぎているんだ」と気付く事ができます。
その意識が、その場になると無意識に体が反応してしまい話せなくなる原因になっているのです。

それがわかったら、それは自分が勝手に決めつけてしまった間違った考え方なので、
修正していかないといけません。

そうすることで正しい考え方気持ちが変わっていき、気を遣いすぎなくて徐々に話せるようになります。
この辺については当サイトの記事で詳しく書いているので参考にして頂けると助かります。

時と場所によってはもちろん気を遣うことは大事です!
全く気を遣うなと言っているわけではないです。

バランスが偏らないようにしましょうと言うことです。

結局は、間違った恐れから気を遣いすぎて話せなくなっているので、
間違いを毎日正すことから始めるといいと思います。

ぜひ頑張ってください!

サルでもわかるFXはこちら

会話上手になるための実践ブログ TOP » こんな時どうする?シリーズ » 気を遣いすぎて話せないのは何か守ってるのですか?